登山と携帯電話の通話状況

* * * * * * * * * *

岩手山・八幡平

カテゴリーで絞り込む

後生掛温泉-大深温泉登山道

後生掛温泉と大深温泉を結ぶ登山道。

docomo 4本

焼山-後生掛温泉登山道

焼山から後生掛温泉に通じる登山道。ハイカーが多く歩いている。

docomo 4本

大深温泉-八幡平登山道

大深温泉から八幡平まで通じている登山道。

docomo 1本

焼山山頂

秋田県北秋田市の玉川温泉と鹿角市の後生掛温泉の間にある活火山です。

docomo 4本

八幡平山頂

八幡平のなだらかな溶岩台地の最高地点。

docomo 1本

焼山山荘

焼山の山頂の東にある無人無料の避難小屋だが、倒壊の恐れがあるために使用が禁止されている。鍵はかかっていないので、悪天候時などには避難することが出来る。

docomo 0本

諸桧岳

裏岩手連峰の一座。

docomo 0本

前諸桧岳

諸桧岳と嶮岨森の間にある小さなピーク。

docomo 0本

嶮岨森

裏岩手連峰の一座。山頂付近に岩が露出していて、特徴的な山容となっている。

docomo 3本

大深山荘

裏岩手連峰縦走路の中間点にある無人無料の避難小屋。新しい建物で清掃も行き届いている。水場まで3分。

docomo 1本

裏岩手連峰縦走路

八幡平から岩手山までをつなぐ縦走路。八幡平から三ッ石山まではなだらかな山容の山が多く、従って勾配が緩やかなので、速いペースで歩くことが出来る。三ッ石山から岩手山までは火山活動をしているピークを幾つか越えて行く。

docomo 4本

大深山

裏岩手連峰の北と南を分ける様な位置に有るなだらかなピーク。

docomo 2本

小畚山

裏岩手連峰のなかでは、唯一と言って言い円錐形の山容を持つ山。

docomo 3本

黒倉山

大地獄の西にあるピーク。

docomo 3本

三ッ石山

裏岩手連峰の八幡平に連なる北エリアと、岩手山に連なる東エリアを明確に分ける頂。

docomo 3本

姥倉山

松川温泉の南にある山。山頂付近には噴気口が有る。

docomo 4本

三ッ石山荘

三ッ石山の南の池の畔にある無人無料の避難小屋。薪ストーブが置かれているが、湿原にある小屋なので薪の入手は困難。

docomo 2本

不動平避難小屋

岩手山の外輪山と鬼ヶ城の鞍部にある不動平の無人無料の避難小屋。石室。

docomo 4本

御神坂登山道

御神坂沢沿いの登山道。岩手山の登山口の中では、唯一、路線バスのバス停がある。

docomo 4本

このエントリーをはてなブックマークに追加

検 索

  • 名称で検索
  • 名称と文章で検索

メニュー

  1. 地名と電波状況の入力
  2. ログイン
  3. ログアウト
  4. ユーザー登録
  5. 退会

山名や山小屋名の入力には、ユーザー登録が必要です。ユーザー登録はスパム対策のために実施しています。

運営者紹介

Yuichi Mizunuma H.N.うーたん

Yuichi Mizunuma (H.N.うーたん or zen)
当サイトの執筆・撮影とシステムの製作等全てを行っています。林道への案内板自然派空間のWebMasterもしています。
2007-2013にかけて、北海道利尻礼文から九州屋久島まで日本の主要な登山道を歩いてきました。日本百名山は2013年9月に全山登頂を達成。

▼続きを読む

×閉じる

SNSのURL
Google+
facebook
twitter Yuichi Mizunuma

使用の登山靴はドイツ製のマインドル・アルパインを主に縦走登山に、日帰りから3泊程度の短い山旅にはモンベル・ツオミを使っています。冬期登山はモンベル・アルパインクルーザー3000です。

2013年まで、春夏秋冬、北海道から九州沖縄まで、ツーリング・登山・サイクリング・パドリング(カヤック)をしています。年間のテント泊数は40泊から60泊程度、日帰りを含めると年間80日くらいはアウトドアにいました。

2014年に東京都から栃木県に引っ越しました。現在は宇都宮市に居住中、今後は宇都宮市から離れることはありません。現在は事情があって外泊が出来ないので、休日に福島県や群馬県や茨城県に400kmから600kmくらいの日帰りツーリングをしたり、那須岳や日光連山や南会津山地に日帰り登山をしたり、銚子市やいわき市勿来や福島市辺りまで200km-250kmほどのサイクリングに行ったりとしています。

×閉じる