登山靴の選び方

普段の靴と登山の靴の大きな違いは長時間、坂道を下ると言う点にあります。平坦な道や登り道なら、靴による違いはそれほど顕著ではありません。
しかし、下り坂では足に合った靴、歩きやすい靴と、そうで無い靴の差は歴然としてきます。
サイズの合わない靴を履いて下ると、親指や小指などのつま先が痛くなってきます。歩きにくい靴を履いて下ると足の裏や指の付け根にまめが出来たり、皮が剥けたりします。
そうならないために、適切な靴の選び方を知っておく必要があります。

一般に靴を買うときは、「足が大きくなる(むくむ)夕方に買うこと」と言われます。登山靴も同様です。
登山靴の場合、実際の足の寸法よりも一回り半から二回り大きいサイズの靴を買うのが理想です。
これは、下りの時、つま先が靴の内側に当たって、親指や人差し指の先を痛めないためです。

登山用品の専門店(北海道の秀岳荘、津田沼のヨシキ、秋葉原のニッピン、モンベル直営店など)では、傾斜させた坂道に見立てた台が置かれていて、お客に靴を履かせて傾斜の上に立ってもらい、つま先が靴の内にあたるかどうかを確認してもらっています。
靴の内にあたれば靴のサイズが小さいと言うことで、半周り大きな靴に換えます。足の指先があたらなければ、大丈夫となります。
お客が普段着の薄手の靴下を履いているときは、靴下を厚めの靴下に履き替えて試す専門店が多いです。

山を歩く靴の形状別の種類

靴の形状は大きく分けると、スニーカーと同じ型(ローカット)、くるぶしが隠れるくらいに高い型(ミドルカット)、くるぶしの上まで隠れる高い型(ハイカット)があります。
わたしがお薦めするのはスニーカー型のトレランシューズです。

スニーカー型

主に高尾山と周辺の山を歩くのであれば、スニーカー型のトレランシューズがお薦めです。
歩きやすく、疲れにくく、滑りにくい。
価格も比較的安く購入できます。
登山靴は、結局は消耗品なので、使用目的や使用回数に応じて、コストパフォーマンスの良い品を買います。

デザインもスニーカーに近いものが多く売られているので、日常の散歩やランニングに使用しても違和感がないモデルが増えています。
スニーカー

トレランシューズを買う&探す

ハイカットとミドルカット

くるぶしが隠れるくらいに高い型(ハイカットやミドルカット)の靴は、履き始めの頃は慣れないので疲れますが、下りで威力を発揮します。
くるぶしのあたりで靴紐をきつく締めるので、足に掛かる体重が、足の裏に直接掛からずに、靴紐で結んでいる足首のあたりに掛かるからです。
足首に体重が掛かるので、足の裏が滑ってつま先が靴の内側にあたることがありません。面倒なのは、登りの時にくるぶしまで紐を結んでいると歩きにくいので上から1つか2つは外しておき、下りで結ぶことです。

日本アルプスのように長大な山稜を歩くのなら一つのピークを越えるたびにこの動作をしても苦にならないのですが、高尾山や陣馬山の稜線歩きなどは、ピークを越えると言っても100m、200mくらいの標高差が大半で、靴紐を結んだりほどいたりするのは面倒に感じます。
こうした手間暇があるので、ハイカットの登山靴が良いとは言えません。
ハイカット

トレッキングシューズを買う&探す

登山靴を買う&探す

登山靴のメリット

高尾山と周辺の山からトレッキングを始めて、やがて、奥多摩の山々、雲取山や秩父山脈の山々、丹波山地なども将来登りたい希望があれば、登山靴が良いでしょう。

防水能力の必要性

高尾山や周辺の山を歩くのに、防水能力の靴は必要ないと思います。
しかし、高尾山や周辺の山には、所々に水で湿っている道があります。
また、冬から春先にかけては、湿った地面が凍ったり霜柱が立ったりします。夜間や早朝は凍っていますが、日が差すと融けてぬかるみとなります。
防水加工された靴を履いていれば、地面の状況を気にすること無く歩くことが出来るので、便利です。

高尾山の5号路などは、山頂のすぐ下に沢の中の飛び石を歩くところもあります。
防水能力のある靴を履いていれば、こうした区間を気にせずに歩けます。水に濡れないように道の端を歩いたり、飛び石や木の枝の上を飛んで渡るのは、滑って転倒するリスクを伴います。濡れないために跳んだりはねたりして足を滑らせて捻挫をしてもつまらないものです。

また、同じ登山でも、グループ登山やツアー登山で行くのであれば、雨天だからと取りやめには出来ないことが多いので、雨天でも安心して歩ける防水能力を持った靴が必要になります。
日帰りのみの登山で、日程も雨天なら中止にするなど自由に変更できるのであれば、防水能力の靴は必要ないでしょう。

防水能力を持った靴と、そうでない靴は、価格差が数千円から1万円ほどあります。
予算に余裕があれば防水能力のある靴を購入しても後悔はしないと思いますが、少しでも出費を抑えたい場合は防水能力の無い靴を選択するのも良いです。

購入後の調整は中敷きと靴下で行います

最適なサイズと思って購入した靴でも、何回も履いて山を歩いている内に、徐々に足のサイズと合わないと感じるようになることがあります。
また、しばらく使ってから歩きやすい靴なのに疲れが溜まりやすい、と言った欠点に気がつくこともあります。

靴のサイズに違和感を感じたり、歩いていて靴が原因で疲れを感じたりする場合、靴の中敷きを交換することで改善するケースがあります。
わたしの場合、マインドルのマッターホーンの中敷きを交換したところ、それまで3日から4日の登山で足が痛くなっていたのが、7日から9日の登山でも全く足に痛みも疲れも感じなくなったことがあります。

登山では、一般的に厚手の靴下をはくように言われています。一回りも二回りも実寸の足のサイズよりも大きな靴を履いていても、靴下が厚手だとそれほどの余裕は無くなります。
中敷きを暑くした場合、靴下をやや薄手にすると言った工夫も必要です。

わたし自身は、かなり薄手の靴下を履いていますが、靴下の生地が薄いのが原因で疲れを感じる、と言ったことはまだ経験していません。

目次