秩父山脈縦走8 » 小川山-川端下

金峰山小屋-大日岩-小川山-川端下バス停

金峰山小屋から小川山までは道があまり整備されていません。踏み跡程度の箇所もありますが、山頂までは迷わずに歩けます。小川山の山頂から下る道が多少わかりづらいです。
小川山から川端下(かわはけ)に下る途中の標高2000m付近に岩場があります。縦走の最後の日、しかも最後のピークの小川山に登ったあとで気持ちも緩んでいるのでかなり厳しい岩場に感じます。
金峰山荘から川端下のバス停までは舗装道路を歩きます。

金峰山小屋-大日岩-小川山-川端下バス停
所要時間:8時間から9時間ほど。
(大日小屋からの所要時間:7時間30分から8時間30分ほど。)
体力 :4。
技術力:2。

目次

  1. 初日・奥多摩駅-石尾根-鷹ノ巣山
  2. 二日・七ツ石山-雲取山
  3. 三日・大洞山(飛龍山)-将監峠
  4. 四日・唐松尾山-笠取山-雁峠-雁坂峠
  5. 五日・雁坂嶺-破風山-木賊山-甲武信小屋
  6. 六日・甲武信小屋-甲武信岳-国師ヶ岳-大弛峠
  7. 七日・大弛峠-金峰山-金峰山小屋
  8. 八日・金峰山小屋-大日岩-小川山-川端下バス停

(さらに…)

秩父山脈縦走7 » 金峰山

大弛峠-金峰山-金峰山小屋

大弛峠から金峰山を越えて、金峰山小屋、もしくは大日小屋を目指します。テント泊なら大日小屋となります。山小屋泊なら金峰山小屋が無難です。
大弛峠から金峰山までは登り下りの稜線歩きです。
金峰山から大日岩分岐までは下り道ですが、ところどころ道が不明瞭となっています。

大弛峠-金峰山-金峰山小屋(-大日小屋)
所要時間:3時間ほど。(金峰山から大日小屋まで1時間40分ほど)
体力 :0。
技術力:1。

(さらに…)

秩父山脈縦走6 » 甲武信岳-国師ヶ岳

甲武信小屋-甲武信岳-国師ヶ岳-大弛峠

甲武信岳を過ぎると山頂と呼ぶほどのピークがない長い長い稜線を歩いて国師ヶ岳に至ります。殆ど眺望はなく、深い樹林の中を歩きます。特に難しい道ではないのですが、甲武信岳の下の鞍部を過ぎると国師ヶ岳までエスケープルートも山小屋もありませんので難所と言えそうです。

甲武信小屋-甲武信岳-国師ヶ岳-大弛峠。
所要時間:7時間30分から8時間30分ほど。
体力 :4。
技術力:1。

(さらに…)

秩父山脈縦走5 » 雁坂嶺-破風山-木賊山

雁坂嶺-破風山-木賊山-甲武信小屋

雁坂峠から破風山、木賊山の稜線を歩き、甲武信小屋を目指します。
5月下旬、ここまで初夏の陽気だった奥秩父山脈ですが、木賊山から標高が2400mを越え残雪が現れて来ます。

雁坂小屋-雁坂嶺-破風山-木賊山-甲武信小屋
所要時間:6時間20分から8時間30分ほど。
体力 :4。
技術力:1。

(さらに…)

秩父山脈縦走4 » 唐松尾山-笠取山-雁峠-雁坂峠

唐松尾山-笠取山-雁峠-雁坂峠

将監峠から雁峠、雁坂峠と3つの峠を横切ります。この区間は笠取山や雁峠など眺望が開けるところがいくつもあります。唐松尾山、笠取山の山頂は迂回できる道があります。黒槐山(くろえんじゅ)の山頂は通りません。

将監峠(将監小屋)-唐松尾山-笠取山-雁峠-雁坂峠(雁坂小屋)
所要時間:8時間5分から10時間ほど。(唐松尾山、笠取山と通らない山腹の道の場合の所要時間は5時間30分ほどです)
体力 :5。
技術力:1。

(さらに…)

秩父山脈縦走3 » 大洞山(飛龍山)-将監峠

大洞山(飛龍山)-将監峠

大洞山の西にある禿岩からは北アルプスが一望できます。稜線の上にでない道が続きます。眺望はありませんが樹林を眺めながら歩きます。

雲取山荘-大洞山(飛龍山)-将監峠(将監小屋)
所要時間:6時間30分から8時間30分ほど。
体力 4。
技術力1。

(さらに…)

秩父山脈縦走2 » 雲取山

七ツ石山-雲取山

七ツ石山、雲取山に登り、雲取山荘を目指します。東京都の最高峰の雲取山は奥秩父の山の中では比較的眺望に恵まれていて、富士山を一望できます。

鷹ノ巣山避難小屋-七ツ石山-雲取山-雲取山荘
所要時間:5時間10分から5時間45分ほど。
体力 3:
技術力0:

(さらに…)

穂高連峰縦走5 » 飛騨沢-新穂高温泉

槍平から白出小屋までは樹林の中の道、白出小屋から穂高平小屋までは未舗装の車道を歩きます。沢など樹木が切れたとき、左手に穂高の岩の壁が見られます。
新穂高温泉には日帰り温泉もあるのでゆっくり浸かって山旅の疲れを落とせます。槍平を遅く立って、新穂高温泉に一泊するのも良いでしょう。

槍平-新穂高温泉
所要時間:3時間5分ほど。

(さらに…)

穂高連峰縦走4 » 槍ヶ岳

南岳から槍ヶ岳の肩まで平凡な稜線歩きです。正面には常に槍ヶ岳が見えています。
槍ヶ岳に近づくにつれ、東鎌尾根が常念山脈に連なっている姿が見えてきます。鎌尾根の下には大きなカールが広がっています。
槍ヶ岳に登ったあとは、飛騨沢を降り槍平を目指します。

南岳小屋-槍ヶ岳-槍平
所要時間は6時間から6時間40分ほど。
体力 :3。
技術力:3。

(さらに…)

穂高連峰縦走3 » 北穂高岳-大キレット

3日目は穂高岳山荘から北穂高岳、大キレットを越えて南岳までのルートです。
穂高岳山荘を出発して涸沢岳を越えると岩場が始まります。この岩場は北穂高岳まで続きます。奥穂北穂の区間は岩のピークの登り下りと言うよりも岩の稜線を歩くという方が近いです。驚く様な傾斜の岩場や長い岩場はありません。
大キレットは漢字の大切戸の通りに穂高連峰が大きく切れ込んでいるところです。北穂高岳の北峰から鞍部まで一気に降り、しばらく岩の稜線を歩いた後に南岳の岸壁を上ります。登るか降るかはっきりしているので、奥穂北穂よりも歩きやすいかもしれません。

穂高岳山荘-北穂高岳-大キレット-南岳
所要時間:6時間20分ほど。
体力 :4。
技術力:4。

(さらに…)

穂高連峰縦走2 » 西穂高岳-奥穂高岳

西穂高岳から奥穂高岳まで、水場も山小屋もなく、数十メートルの高さの岩場の上り下りを繰り返す道が続きます。
クサリ場は特に困難な数カ所にのみあります。ほぼ全区間で三点姿勢が必要となります。岩場での三点姿勢を取りながら上り下りが出来ないと、途中で進退が窮まってしまうルートです。クサリは、一枚岩でとりつく島もない様な、特に困難な箇所にしかありません。クサリがないと岩場の進退が出来ないという人は立ち入れません。

西穂山荘-西穂高岳-奥穂高岳-穂高山荘
所要時間:7時間30分から11時間30分ほど。
体力 :5。
技術力:5。

(さらに…)

八ヶ岳縦走6 » 蓼科山

蓼科山

八ヶ岳縦走の最後を飾るのは諏訪富士の別名を持つ蓼科山です。山旅の終点は武田信玄の隠し湯と言われる親湯です。下山後に一泊して旅の疲れを温泉で洗い流すのも良いでしょう。親湯まで歩かずに蓼科山登山口のバス停から茅野駅まで行くことも出来ます(バスの便がとても少ないので時刻表に合わせて下山する必要があります)。

双子池-大河原峠-蓼科山-親湯
所要時間:6時間50分ほど。
体力 :3。
技術力:2。

目次

  1. 編笠山
  2. 赤岳
  3. 横岳-硫黄岳-夏沢峠-天狗岳
  4. 中山-縞枯山
  5. 雨池山-三ツ岳-北横岳-大岳
  6. 蓼科山

(さらに…)

八ヶ岳縦走5 » 雨池山-三ツ岳-北横岳-大岳

雨池山-三ツ岳-北横岳-大岳

このルートのは難所が二つあります。最初の難所は雨池山の先にある三ツ岳です。登りの岩場の区間も大変ですが、難所は岩の山頂で、大きな岩の上を飛び跳ねる様に渡ってゆきます。
次の難所が大岳から双子池に至る岩の下り道です。2時間ほどをかけて、岩の上の段差の大きな階段の様な道を下ってゆきます。双子池の管理人に言わせると、この道は登るための道で下る道ではないそうです。

雨池峠-雨池山-三ツ岳-北横岳-大岳-双子池
所要時間:5時間15分ほど。
体力 :3。
技術力:3。

(さらに…)

八ヶ岳縦走4 » 中山-縞枯山

中山峠-中山-高見石-麦草峠-縞枯山-雨池峠

中山峠から麦草峠を経て茶臼山、縞枯山を越え、雨池峠を目指します。
中山峠から麦草峠までは山歩きと言うよりも森林浴と言いたくなるほどに樹林の中を歩きます。中山の山頂が最高地点で、以北はピークを越えながら少しずつ標高をさげてゆくので下りが多くなり、歩くのが楽になります。樹木に囲まれた道を歩くので、眺望は期待できません。

中山峠-中山-高見石-麦草峠-縞枯山-雨池峠
所要時間:5時間35分ほど。
体力 :2。
技術力:1。

(さらに…)