秩父山脈縦走6 » 甲武信岳-国師ヶ岳

甲武信小屋-甲武信岳-国師ヶ岳-大弛峠

甲武信岳を過ぎると山頂と呼ぶほどのピークがない長い長い稜線を歩いて国師ヶ岳に至ります。殆ど眺望はなく、深い樹林の中を歩きます。特に難しい道ではないのですが、甲武信岳の下の鞍部を過ぎると国師ヶ岳までエスケープルートも山小屋もありませんので難所と言えそうです。

甲武信小屋-甲武信岳-国師ヶ岳-大弛峠。
所要時間:7時間30分から8時間30分ほど。
体力 :4。
技術力:1。

甲武信岳

甲武信小屋から甲武信岳の山頂まで20分ほどです。
小屋から登り始めると、息が切れる前に山頂に達せられます。山頂は北から西の方角に視界が開けています。

甲武信岳の登りです。
傾斜は急です。
甲武信岳登り

甲武信岳の山頂。
西側に視界が開けています。
甲武信岳の山頂

甲武信岳からの眺望。
国師ヶ岳の方角です。
甲武信岳からの眺望

甲武信岳からの眺望。
これから歩く稜線が見えます。
甲武信岳からの眺望

甲武信岳からの眺望。
両神山の方角です。
甲武信岳からの眺望

甲武信岳から国師ヶ岳までの道

所要時間は6時間30分から7時間30分ほどです。
甲武信岳から鞍部まで一気に降った後は深い森林の中を、小さなピークをいくつも越えて国師ヶ岳まで歩きます。鞍部に梓山に行く道の分岐があり、この分岐を最後に国師ヶ岳まで分岐はありません。

甲武信岳の西側の岩場の下り。
かなりの急な斜面です。
甲武信岳の下り

岩場を過ぎて樹林の中の下り道となります。
甲武信岳の下り道

梓山の道の分岐。
梓山の分岐

分岐を過ぎると道が細くなります。
ところどころは踏み跡程度の様になります。
分岐の先の細い道

富士見と書かれた小さな標識が木に打ち付けられています。
富士見

富士見の先にある岩のピーク。眺望があります。
岩のピーク

岩のピークからの眺望。
岩のピークからの眺望

樹林の道。
樹林の道

苔むした倒木。
苔むした倒木

倒木が多く見られました。
倒木

国師ヶ岳の登り。
国師ヶ岳の登り

木立のあいだから国師ヶ岳が見えてきました。
国師ヶ岳

国師ヶ岳の山頂。
眺望が得られます。
国師ヶ岳の山頂

国師ヶ岳から大弛峠までの道

所要時間は40分ほどです。
国師ヶ岳から大弛峠まで、ほぼ木道がしかれています。

国師ヶ岳からの下り道。
下り道

大弛峠に向かって木道を下ります。
木道

大弛小屋。
奥秩父縦走で利用できる山小屋では、唯一軽食が食べられる山小屋です。
大弛小屋

水と食事

水は甲武信小屋の先は、大弛小屋まで手に入りません。たっぷりと水を甲武信小屋で補充してください。

大弛小屋では夕朝の食事付き宿泊のほか、日中の軽食も食べることが出来ます。

携帯電話

甲武信岳から国師ヶ岳までわたしのドコモは圏外でした。大弛峠では使えました。

宿泊場所

甲武信小屋の先は大弛小屋までありません。

大弛小屋

宿泊料金。
1泊3食付き:7700円。(夕朝弁当)
1泊2食付き:7000円。(夕朝)
素泊まり :4500円。(寝具付き)
他に1泊1食付き(夕食)やテント泊で食事付き、お弁当も予約出来ます。

食事。
夕食:17:00-19:00
朝食:05:30-07:00
日中の軽食、喫茶も利用できます。

水。
敷地内にあります。無料。

収容人員:50人。
「予約希望」

電話番号
電話
0553-33-9852
090-7605-8549
090-7228-0141

標高2365m。
4月末から11月末まで営業。

テント場あり。25張り。600円。

携帯電話。
わたしのドコモは使えました。

URL:http://oodarumi.web.fc2.com/

大弛小屋。
大弛小屋

目次

  1. 初日・奥多摩駅-石尾根-鷹ノ巣山
  2. 二日・七ツ石山-雲取山
  3. 三日・大洞山(飛龍山)-将監峠
  4. 四日・唐松尾山-笠取山-雁峠-雁坂峠
  5. 五日・雁坂嶺-破風山-木賊山-甲武信小屋
  6. 六日・甲武信小屋-甲武信岳-国師ヶ岳-大弛峠
  7. 七日・大弛峠-金峰山-金峰山小屋
  8. 八日・金峰山小屋-大日岩-小川山-川端下バス停

ページのトップへ