八ヶ岳縦走4 » 中山-縞枯山

中山峠-中山-高見石-麦草峠-縞枯山-雨池峠

中山峠から麦草峠を経て茶臼山、縞枯山を越え、雨池峠を目指します。
中山峠から麦草峠までは山歩きと言うよりも森林浴と言いたくなるほどに樹林の中を歩きます。中山の山頂が最高地点で、以北はピークを越えながら少しずつ標高をさげてゆくので下りが多くなり、歩くのが楽になります。樹木に囲まれた道を歩くので、眺望は期待できません。

中山峠-中山-高見石-麦草峠-縞枯山-雨池峠
所要時間:5時間35分ほど。
体力 :2。
技術力:1。

中山峠から麦草峠までの道

所要時間は3時間ほどです。
中山や丸山がありますが、山と言うほどの登り道ではありません。少し登っては大きく下り、麦草峠まで徐々に標高をさげてゆきます。中山の展望台をのぞくとほぼ樹林に覆われた道です。

中山峠から北に歩き出すとすぐに中山の山頂に達します。中山の山頂は樹木に覆われていて眺望はありませんが、すぐ北に岩の展望台があります。展望台からは北アルプスと蓼科山が一望できます。眺望が得られるのはここと縞枯山の展望台くらいで、あとはひたすら樹林の中を歩きます。

中山峠から中山まではわずかな登りです。
中山への登り道

中山の頂付近は平らかで樹木に覆われています。
中山山頂付近

中山のすぐ北にある岩場の展望台。正面に蓼科山が見えます。
中山の展望台

中山の展望台から見た北アルプス。八ヶ岳には殆ど雪が残されていないのに、穂高連峰はまだ白く輝いています。
中山の展望台から見た北アルプス

展望台を過ぎるとかなり長い下り道となります。足元は角の取れた石や岩で、少し歩きにくい道です。
樹林の中の下り道

湿原とも沢登も呼べない小さな平です。この様な景観が散在しているのも北八ヶ岳の魅力の一つでしょう。ただ、防水のしっかりしている登山靴を履いていないと、足元が水浸しになってしまい、こうした風景も恨めしく思えてくるかもしれません。スパッツも必須です。
小さな平

高見石小屋。宿泊のほかに食事もとれます。テント場あり。
高見石小屋

高見石小屋から丸山まで、ほんの少し登るだけです。周りにはシラビソが多く茂っています。
丸山の登り

丸山の山頂。北八ヶ岳の山々の山頂は樹木に覆われてるからか、標高が低いからか、登った達成感はあまりなく、縦走の一目標の様な気がしてきます。登りと下りを含めた山全体を歩くことが楽しみです。
丸山の山頂

苔むした岩。雨が降ったときの山歩きは眺望がなくなるので楽しさが半減する物なのですが、北八ヶ岳では元々それほど眺望が期待できない山ばかりなので、雨水で発色が綺麗になったシラビソや苔の青色の景観を楽しめます。
苔むした岩

麦草峠。麦草ヒュッテがあります。宿泊の他に食事もとれます。テント場はありません。
標高2127mの峠です。
麦草峠

麦草峠から雨池峠までの道

所要時間は2時35分ほどです。

麦草峠で国道を横切り、茶臼山、縞枯山と登ります。縞枯山の山腹は名前の由来となった立ち枯れの木が散見できます。樹木が縞の様に帯状に立ち枯れています。東西に長い山頂で、西から東にかけて緩やかに傾斜しています。
麦草峠から茶臼山、縞枯山と2つのピークを越えて雨池峠の縞枯山荘を目指しますが、ピーク越えが体力的に難しいときには西にも東にも迂回路があるのでピークを経ないで縞枯荘に達せられます。岩場や通過の困難な箇所はありません。

茶臼山や縞枯山に登らない場合や健脚の人なら、先の北横岳や双子池ヒュッテまで足を伸ばせるでしょう。
2384mの茶臼山と2403mの縞枯山を越えて行きます。麦草峠との標高差は最初に取りかかる茶臼山が257m、縞枯山が276mなので、それほどの登り道ではありませんが、斜度が大きな道で、足元は石で歩きにくいです。

国道299を渡ります。久しぶりに聞く車の騒音が懐かしく感じられるかもしれません。
国道299

茶臼岳に取りかかると、最初に歓迎をしてくれるのが茶水の池です。底の泥の茶色が水の色の様に見える池ですが、上手い名をつけたものです。
茶水の池

樹木のあいだの木道です。茶水の池もこの木道も南八ヶ岳を縦走中には見られない風景です。
木道

岩と樹木の道です。麦草峠からしばらくは傾斜がないかあっても緩やかな道が続きます。
岩と樹木の道

足元に注意が必要な岩と石の坂道。
なだらかだった茶臼山の取り付きの道も、山頂が近くなるに従い斜度を増して行きます。
石の坂道

茶臼山の山頂。
坂がきつくなりあごを出しかけたあたりで山頂にたどり着くので、登ったという感動がわかないかもしれません。
茶臼山の山頂

茶臼山の山頂付近の立ち枯れの木。縞枯山にも同様の立ち枯れの木があります。
立ち枯れの木

茶臼山と縞枯山のあいだの鞍部には、西の五辻に下る道の分岐があります。茶臼山に登ってから縞枯山は無理と判断した際にはここからエスケープできます。
茶臼山と縞枯山の鞍部の分岐

縞枯山の登り道。
鞍部から山頂手前の展望台まで一気に登るので大きな斜度を持っています。
縞枯山の登り道

縞枯山の山頂付近の森林。見事なくらい緑色に染まっています。
縞枯山の森林

縞枯山の山頂。
展望台から山頂までは殆ど勾配がない道です。周りは立ち枯れの木が多く見られます。
縞枯山の山頂

縞枯山から雨池峠までの下りは、斜度が大きいです。
雨池峠への下り道

雨池峠。
ここから縞枯山荘まではすぐです。
雨池峠

水と食事

水場はありません。

高見石小屋、麦草ヒュッテで昼の軽食が採れます。

宿泊場所

高見石小屋、麦草ヒュッテ、白駒荘、青苔荘、縞枯山荘があります。

高見石小屋

宿泊料金。
1泊2食付き:8000円より。
素泊まり :4800円より。

収容人員:150人。
「予約希望」

電話番号(美濃戸高原やまのこ村と共通)
0467-87-0549
やまのこ村
0266-74-2274

標高2300m。
通年営業。
テント場あり。5張り。

URL:http://www.yatsu-akadake.com/takami-k.html

高見石小屋。
高見石小屋

高見石小屋のトイレ。
高見石小屋のトイレ

高見石小屋のメニュー。
高見石小屋のメニュー

麦草ヒュッテ

宿泊料金。
1泊2食付き:7500円より。
素泊まり :5000円より。

収容人員:150人。
「要予約」

電話番号
090-4127-8282
090-7426-0036
FAX:0266-78-2231

標高2127m。
通年営業。
テント場なし。

URL:http://www.lcv.ne.jp/~mugi2127/

麦草ヒュッテ。
麦草ヒュッテ

麦草ヒュッテのメニュー。
麦草ヒュッテのメニュー

縞枯山荘

宿泊料金。
1泊2食付き:7500円より。
素泊まり :5000円より。

収容人員:50人。
「要予約」

電話番号
0266-67-5100
090-2235-4499
FAX:0266-67-5341

標高2230m。
通年営業。
テント場なし。

URL:http://www.lcv.ne.jp/~simagare/

縞枯山荘。
縞枯山荘

目次

  1. 編笠山
  2. 赤岳
  3. 横岳-硫黄岳-夏沢峠-天狗岳
  4. 中山-縞枯山
  5. 雨池山-三ツ岳-北横岳-大岳
  6. 蓼科山

ページのトップへ