那須岳登山

* * * * * * * * * *

茶臼岳-峠の茶屋駐車場

茶臼岳-峠の茶屋駐車場

登山の利用者の一番多いルートで、特に危険な箇所もありませんから初心者でも安心して歩けます。
駐車場から15分ほど登ると森林限界に達し、正面に荒々しい朝日岳の岩峰が見えるので、初めて登る人の感動を誘います。駐車場から峰の茶山での下半分が樹林帯で階段が多く設けられ、上半分は火山岩や溶岩の岩場の登り坂の道です。

峰の茶屋
峰の茶屋には無人の避難小屋があるので、暴風雪など悪天候の時に役立ちます。周囲にはベンチやテーブルも設けられているので、ここで休憩を取る登山者も多く見られます。標高は1720mほどですが樹木が全くないので見晴がよく、北に隠居倉とその背後の三倉山、北には剣ヶ峰の岩峰が大きく聳えています。
南にはこれから登る茶臼岳が薄らと噴煙を上げているのが見えます。

山頂までの道
峰の茶山ではハイキングコースですが、ここから茶臼岳山頂までは傾斜もややきつくなり岩場も尖って歩きにくくなり、本格的な登山道となります。
道を間違えない様に岩にペンキでマーキングが描かれていまるので道を間違えることはまず無いでしょう。登山者も多いので、前の人の後を歩いていれば自然と山頂に立てる様な登山道です。
ただ、深い霧の日や暴風雪の時は視界が閉ざされるので見えないときもあります。

山頂は溶岩ドームなので、かたまった溶岩の斜面を登ります。かなり傾斜のきついところがあったり、足場が悪かったりします。晴天無風なら気にならないはずですが、風が強かったりまだ残雪が残っている春先の季節だったりすると、途中で登頂を断念した方が無難な場合もあります。

噴火口の周り
山頂は大きな噴火口があって、火口を右回りか左回りか、どちらでも好きなルートで最高地点に立つことが出来ます。反時計回りがやや歩く距離が短いのでここを往復する登山者が多いようです。

噴火口をぐるりと廻りながら徐々に標高も上げて行きます。火口壁に遮られて得られなかった眺望も少しずつ開けてきます。山頂下の岩場に達すると北から北東にかけて視界が開け、三倉山の山塊や大峠の鞍部、最高峰の三本槍ヶ岳が一望できる様になります。

茶臼岳山頂
山頂は那須湯本にある温泉神社の奥の院の祠が祀られています。山頂を示す標識が二本立っていますが、国土地理院が設置した三角点は山頂には無く、やや東に離れたところにあります。

山頂の岩の上からは意外に視界が開けていません。岩がゴロゴロして視界を遮っているからです。
北の南月山方面の眺望を得ようとすれば、20mほど南に岩場を歩かねばなりません。北の三倉山から三本槍ヶ岳にかけての稜線も同様に山頂からは少し北に下らねば見えません。

山頂の祠のすぐ東が噴火口の火口壁なので、ちょっと油断をすると転落します。
この山頂に達する表参道は、どうやら時計回りのルートの様です。と言うのも、祠の前に鳥居が立っていますが、この鳥居は東側の登山道に向かって立っているからです。

写真で見る茶臼岳-峠の茶屋駐車場

  • 登山口の鳥居
  • 森林限界付近
  • 岩の道
  • 朝日岳
  • 峰の茶屋
  • 火口壁
  • 山頂の登り
  • 噴火口
  • 茶臼岳山頂

地図で見る茶臼岳-峠の茶屋駐車場


関連リンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

Ads by Google

運営者紹介

Yuichi Mizunuma H.N.うーたん

Yuichi Mizunuma (H.N.うーたん or zen)
当サイトの執筆・撮影とシステムの製作等全てを行っています。林道への案内板自然派空間のWebMasterもしています。
2007-2013にかけて、北海道利尻礼文から九州屋久島まで日本の主要な登山道を歩いてきました。日本百名山は2013年9月に全山登頂を達成。

▼続きを読む

×閉じる

SNSのURL
Google+
facebook
twitter Yuichi Mizunuma

使用の登山靴はドイツ製のマインドル・アルパインを主に縦走登山に、日帰りから3泊程度の短い山旅にはモンベル・ツオミを使っています。冬期登山はモンベル・アルパインクルーザー3000です。

2013年まで、春夏秋冬、北海道から九州沖縄まで、ツーリング・登山・サイクリング・パドリング(カヤック)をしています。年間のテント泊数は40泊から60泊程度、日帰りを含めると年間80日くらいはアウトドアにいました。

2014年に東京都から栃木県に引っ越しました。現在は宇都宮市に居住中、今後は宇都宮市から離れることはありません。現在は事情があって外泊が出来ないので、休日に福島県や群馬県や茨城県に400kmから600kmくらいの日帰りツーリングをしたり、那須岳や日光連山や南会津山地に日帰り登山をしたり、銚子市やいわき市勿来や福島市辺りまで200km-250kmほどのサイクリングに行ったりとしています。

×閉じる