登山とスマホの通話状況

* * * * * * * * * *

北大雪(ニセイカウシュッペ山・武利岳・武華山)

カテゴリーで絞り込む

石狩川の北岸からオホーツク海に注ぐ湧別川の南岸に挟まれた山域です。大雪山の展望台の異名を取るニセイカウシュッペ山、ムリムカと呼ばれることの多い武利岳と武華山などが代表的な山です。

表大雪の黒岳山頂から北を見ると端正な円錐形の山をしているのがニセイカウシュッペ山です。
ニセイカウシュッペ山は中腹まで林道が通じているのでアプローチは楽です。
登山道も良く整備されていて、道ばたには高山植物が花を咲かせていて登山者の目を楽しませてくれます。
遠景からは円錐形の山ですが、歩いて見ると北アルプスの黒部五郎岳の様にえぐり取られた様になっています。稜線はえぐり取られた縁を歩きます。
山頂下のピークを巻いて平山へ通じる枝道があります。

武華山は石北峠を西から東に越えたところに入口のある林道の終着点から登山道が始まります。
歩き始めは平坦な道で樹林に覆われています。ライオン岩を越えると勾配が出てきます。ライオン岩には登る事が出来ます。季節によってはチシマギキョウが見られます。ライオン岩からの眺望は武華山の山頂よりも良いので、ぜひ登って貰いたいです。ライオン岩を過ぎるとあっと言う間に武華山の頂きに達せられます。

武利岳は山容の美しい山で、支湧別岳や白滝天狗岳から見るとひときわ目立つ山です。
武利岳は主に北がわの丸瀬布町から登山ルートが儲けられています。武華山から前ムカの鞍部に武利岳への縦走路が設けられています。
この縦走路は地元の有志が設けたらしく、鞍部は笹や矮樹に覆われていて道がはっきりしません。1600mを越えると森林限界を越え眺望が開けます。縦走路にはピークが幾つもあり、上り下りを繰り返します。全て岩稜です。
季節が合えば武利岳の山頂下にはイワブクロとエゾツツジが多く咲き乱れている事を楽しむことが出来ます。
武利岳の山頂は展望にはあまり恵まれていません。表大雪の山容が武華山で遮られているためです。

「北大雪(ニセイカウシュッペ山・武利岳・武華山)」にはまだ投稿がありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

検 索

メニュー

  1. 地名と電波状況の入力
  2. ログイン
  3. ログアウト
  4. ユーザー登録
  5. 退会

山名や山小屋名の入力には、ユーザー登録が必要です。ユーザー登録はスパム対策のために実施しています。

エリア » 北大雪(ニセイカウシュッペ山・武利岳・武華山)

運営者紹介

Yuichi Mizunuma H.N.うーたん

Yuichi Mizunuma (H.N.zen)
当サイトの執筆・撮影とシステムの製作等全てを行っています。
2007-2013にかけて、北海道利尻礼文から九州屋久島まで日本の主要な登山道を歩いてきました。日本百名山は2013年9月に全山登頂を達成。

▼続きを読む

×閉じる

2013年まで、春夏秋冬、北海道から九州沖縄まで、ツーリング・登山・サイクリング・パドリング(カヤック)をしています。年間のテント泊数は40泊から60泊程度、日帰りを含めると年間80日くらいはアウトドアにいました。

現在は八王子市に居住中、今後は八王子市から離れることはありません。

×閉じる