登山とスマホの通話状況

* * * * * * * * * *

南関東・甲信・富士山・東海

八ヶ岳連峰

夏沢峠を境に北八ヶ岳と南八ヶ岳に分けられるエリアです。北八ヶ岳は夏沢峠以北を指し、天狗岳から縞枯山、北横岳、蓼科山までを含みます。南八ヶ岳は編笠山から権現岳、赤岳、横岳、硫黄岳までを含み、夏沢峠までのピークを指します。

秩父山脈

雲取山から西に延びて、甲武信ヶ岳、国師ヶ岳、金峰山、瑞牆山を経て小川山までの山々です。長大な山脈で、日本アルプスと南北八ヶ岳、北海道の中央高地に次いで長い“整備された”登山道を持っていますが、日帰りで手軽に日本百名山の頂を踏めることもあって、とても人気のある山域となっています。

奥多摩の山々

大岳山、御前山、三頭山の奥多摩三山以北の山々と、雲取山を含む多摩川源流域、長沢背稜や天目背稜を北に向かえる日原川流域の山々です。高尾山や陣馬山のハイキングからのステップアップの山々として人気があります。

大菩薩嶺

山梨県の東端を南北に連ねる2000m級の山脈です。中里介山の名著“大菩薩峠”のタイトルとなった裏甲州街道がかつてこの連嶺を越えていました。

高尾山から三頭山までの山々

東京都八王子市の西端にある“明治の森高尾国定公園”の核心部分の高尾山とその周辺の山々から奥多摩の山との境となる生藤山、稜線の最高峰三頭山までの笹尾根のエリアです。

道志山地と桂川流域

1681mの御正体山を最高峰とする道志山地は相模川の支流の道志川を挟んで丹沢の山並みと南北に対峙しています。その道志山地の北は相模川の名前が改まった桂川が流れ、桂川の北には1311mの権現岳や扇山が聳えています。

丹沢山地

太平洋プレートが日本列島に衝突して隆起したのが伊豆半島と丹沢山地です。とても大きな山塊でしかも山深くあります。大山、塔ノ岳、蛭ヶ岳、檜洞丸のある東丹沢は、登る登山者やハイカーが多く明るい雰囲気があります。
犬越路峠を境とした西丹沢は週末でも歩く人は希でしっとりとした雰囲気のある山です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

検 索

運営者紹介

Yuichi Mizunuma H.N.うーたん

Yuichi Mizunuma (H.N.zen)
当サイトの執筆・撮影とシステムの製作等全てを行っています。
2007-2013にかけて、北海道利尻礼文から九州屋久島まで日本の主要な登山道を歩いてきました。日本百名山は2013年9月に全山登頂を達成。

▼続きを読む

×閉じる

2013年まで、春夏秋冬、北海道から九州沖縄まで、ツーリング・登山・サイクリング・パドリング(カヤック)をしています。年間のテント泊数は40泊から60泊程度、日帰りを含めると年間80日くらいはアウトドアにいました。

現在は八王子市に居住中、今後は八王子市から離れることはありません。

×閉じる