登山と携帯電話の通話状況

* * * * * * * * * *

八ヶ岳連峰

カテゴリーで絞り込む

硫黄岳

南八ヶ岳と呼ばれる山域の最北端のピークです。爆発で吹き飛んだ噴火後が、東がわに火口壁として残されています。硫黄岳が噴火で山頂を吹き飛ばすまで、八ヶ岳の標高は3000mを超えていたと推定されています。

docomo 4本

北沢

美濃戸口と赤岳鉱泉を結ぶ登山道です。

docomo 1本

赤岳鉱泉

赤岳、硫黄岳の登山基地の一つ。

docomo 0本

横岳

名前の通りに横に長い山頂を持つ山です。山頂は岩峰がノコギリの歯の様に林立しています。赤岳から硫黄岳まで縦走する場合の難所となっています。北斜面に保護されているコマクサの大群生があります。

docomo 4本

赤岳小屋・美濃戸山荘

美濃戸口のバス停・駐車場から東に林道を入った所にある、一般車通行止めのゲートのある地点の有人の山小屋。

docomo 4本

行者小屋

赤岳の登山基地の一つです。

docomo 2本

南沢

美濃戸口から行者小屋に至る登山道です。

docomo 2本

文三郎尾根

赤岳山頂下から分岐して行者小屋に至る登山道があります。山頂下は岩の急斜面です。

docomo 2本

御小屋尾根

阿弥陀仏から美濃戸口、ないし舟山十字路までの登山道がある尾根です。整備はされているものの、樹木の枝の刈り払いが追いつかない様で、道が隠れて閉まっている箇所も有ります。急峻な斜面が阿弥陀仏岳の東斜面にあり、そこを登り下りします。

docomo 3本

阿弥陀仏岳

赤岳の西側に派生している御小屋尾根の上に突出している標高2805mの大きなピークです。東と西に登山道がありますが、急斜面の岩場となっています。

docomo 4本

赤岳

2899mの標高を持つ八ヶ岳の最高峰。赤茶けた山肌の円錐形の頂で、北、南、西、東から登山道が延びているが、いずれも山頂下に岩場があって険しい登山道となっている。

docomo 4本

真教寺尾根(牛首山)

赤岳から東に派生して、JR小海線清里駅の北西の美し森山まで続く尾根です。八ヶ岳の中で最も険しい岩場があることで知られています。

docomo 3本

このエントリーをはてなブックマークに追加

検 索

  • 名称で検索
  • 名称と文章で検索

メニュー

  1. 地名と電波状況の入力
  2. ログイン
  3. ログアウト
  4. ユーザー登録
  5. 退会

山名や山小屋名の入力には、ユーザー登録が必要です。ユーザー登録はスパム対策のために実施しています。

運営者紹介

Yuichi Mizunuma H.N.うーたん

Yuichi Mizunuma (H.N.うーたん or zen)
当サイトの執筆・撮影とシステムの製作等全てを行っています。林道への案内板自然派空間のWebMasterもしています。
2007-2013にかけて、北海道利尻礼文から九州屋久島まで日本の主要な登山道を歩いてきました。日本百名山は2013年9月に全山登頂を達成。

▼続きを読む

×閉じる

SNSのURL
Google+
facebook
twitter Yuichi Mizunuma

使用の登山靴はドイツ製のマインドル・アルパインを主に縦走登山に、日帰りから3泊程度の短い山旅にはモンベル・ツオミを使っています。冬期登山はモンベル・アルパインクルーザー3000です。

2013年まで、春夏秋冬、北海道から九州沖縄まで、ツーリング・登山・サイクリング・パドリング(カヤック)をしています。年間のテント泊数は40泊から60泊程度、日帰りを含めると年間80日くらいはアウトドアにいました。

2014年に東京都から栃木県に引っ越しました。現在は宇都宮市に居住中、今後は宇都宮市から離れることはありません。現在は事情があって外泊が出来ないので、休日に福島県や群馬県や茨城県に400kmから600kmくらいの日帰りツーリングをしたり、那須岳や日光連山や南会津山地に日帰り登山をしたり、銚子市やいわき市勿来や福島市辺りまで200km-250kmほどのサイクリングに行ったりとしています。

×閉じる