登山と携帯電話の通話状況

* * * * * * * * * *

尾瀬

カテゴリーで絞り込む

御池-裏燧林道-見晴登山道

御池から燧ヶ岳の北から西を廻って尾瀬湿原の見晴に至る登山道。殆どの区間に木道が敷設されているが、朽ちかけている木道も多くある。高低差はほとんどないので速いペースで移動が出来る。

docomo 0本

沼山峠-七入登山道

檜枝岐村七入と沼山峠を結ぶ登山道。かつては沼田街道と呼ばれ、会津地方と上州を結んでいた。

docomo 0本

燧ヶ岳

日本百名山の一座。双耳峰で、最高地点は西側の柴安グラ。

docomo 0本

見晴新道

数年前の会津豪雨のために、登山道は中腹から麓までの区間が土石流で押し流され消滅してしまった。現在の登山道は、土石流の上を歩く様になっている。

docomo 0本

ナデッ窪登山道

燧ヶ岳の登山道の中では、かつては最も難しい道とされていたが、現在は見晴新道の方が難易度は高いかもしれない。
火山岩の巨石がごろごろした急坂の道。岩場歩きの苦手な登山者には厳しい道。

docomo 0本

沼山峠登山道

尾瀬沼山峠バス停と尾瀬沼は沼山峠を越える登山道で結ばれている。

docomo 0本

八木沢道

富士見峠から尾瀬湿原の見晴に至る登山道。北半分は美しいブナとダケカンバの混成林の中を歩く。

docomo 0本

富士見峠-白尾山-尾瀬沼登山道

富士見峠から尾瀬沼に直接アプローチ出来る登山道。途中に2003mの白尾山がある。勾配はそれほどきつくないので歩きやすいが、利用者は殆どいないらしい。

docomo 0本

山ノ鼻-至仏山登山道

山ノ鼻から至仏山に至る、登り専用の登山道。1660m付近と言う比較的低い標高から森林限界を越えるので、眺望が楽しめる道。

docomo 4本

至仏山山頂

日本百名山の一座。超塩基性の蛇紋岩のある山として有名で、蛇紋岩のおかげで他の山では見られにくい、ホソバヒナウスユキソウなどの種類の高山植物が見られる。

docomo 4本

鳩待峠-至仏山登山道

鳩待峠登山口から小至仏山を経て至仏山に至る登山道。山ノ鼻には降りられないので、往復をする。

docomo 2本

このエントリーをはてなブックマークに追加

検 索

  • 名称で検索
  • 名称と文章で検索

メニュー

  1. 地名と電波状況の入力
  2. ログイン
  3. ログアウト
  4. ユーザー登録
  5. 退会

山名や山小屋名の入力には、ユーザー登録が必要です。ユーザー登録はスパム対策のために実施しています。

運営者紹介

Yuichi Mizunuma H.N.うーたん

Yuichi Mizunuma (H.N.うーたん or zen)
当サイトの執筆・撮影とシステムの製作等全てを行っています。林道への案内板自然派空間のWebMasterもしています。
2007-2013にかけて、北海道利尻礼文から九州屋久島まで日本の主要な登山道を歩いてきました。日本百名山は2013年9月に全山登頂を達成。

▼続きを読む

×閉じる

SNSのURL
Google+
facebook
twitter Yuichi Mizunuma

使用の登山靴はドイツ製のマインドル・アルパインを主に縦走登山に、日帰りから3泊程度の短い山旅にはモンベル・ツオミを使っています。冬期登山はモンベル・アルパインクルーザー3000です。

2013年まで、春夏秋冬、北海道から九州沖縄まで、ツーリング・登山・サイクリング・パドリング(カヤック)をしています。年間のテント泊数は40泊から60泊程度、日帰りを含めると年間80日くらいはアウトドアにいました。

2014年に東京都から栃木県に引っ越しました。現在は宇都宮市に居住中、今後は宇都宮市から離れることはありません。現在は事情があって外泊が出来ないので、休日に福島県や群馬県や茨城県に400kmから600kmくらいの日帰りツーリングをしたり、那須岳や日光連山や南会津山地に日帰り登山をしたり、銚子市やいわき市勿来や福島市辺りまで200km-250kmほどのサイクリングに行ったりとしています。

×閉じる