那須岳登山

那須岳那須岳の標高は2000mに足りませんが、森林限界が1700m付近にあるので手軽にアルペン的な世界を楽しめます。また、主峰の茶臼岳は室町時代に大爆発を起こして以後も噴煙を上げ続ける活火山です。

メインルートは茶臼岳-三本槍ヶ岳の間の縦走路ですが、北湯や甲子温泉など東麓の温泉からの登山道や、西側にあたる沼原湿原や那珂川源流の碑の登山口からも登山道が延びていて、様々なルートを四季を通じて楽しむことが出来ます。

山麓には那須温泉が散らばっているほか、山中にも三斗小屋温泉に宿二軒があるので、日帰り登山でも宿泊登山でも楽しむ事が出来ます。

那須岳登山

高尾山登山

高尾山高尾山から小仏城山、景信山、陣馬山にかけては人気のハイキングコースです。それを“登山”と言うと違和感がありますが、実は高尾山を中心に三頭山まで30数キロを越えるロングコースや、北高尾山稜・南高尾山稜などと組み合わせると、本格的な登山も楽しめる山域に早変わりします。

高尾山から陣馬山にかけて、人気のハイキング/トレッキングコースの実測の距離と所要時間の紹介で、距離は0.1km単位、所要時間は1分単位、標高は1m単位で表示されます。

高尾山、小仏城山、景信山、堂所山、陣馬山の主要なピークはもちろん、東高尾山稜や南高尾山稜や北高尾山稜の稜線の上の道や、小仏峠や底沢峠などの谷あいの道の紹介。また、ハイキングの起点や終点になる高尾駅や高尾山口駅や藤野駅や相模湖駅など主要な駅や、陣馬高原下バス停や小仏バス停や底沢バス停など主なバス停までの距離と時間を掲載しています。

高尾山登山

奥多摩三山登山

奥多摩三山東京の西の端の奥多摩三山は日帰りハイキングの山として高い人気がありますが、御前山と三頭山に無料で泊まれる避難小屋があり、1泊2日の縦走をするのに利用できます。

また、電車とバスの便に優れている上に、各地にキャンプ場が点在しているので、山と尾根を縦走してバスで移動して、キャンプ場でテント泊をしてから、翌日に新しい山と尾根を縦走することもできます。

バラエティーに富んだルートを自由にプラニングできる魅力が奥多摩三山にあります。

大岳山、御前山、三頭山の奥多摩三山と御嶽山、日の出山の人気のハイキング/トレッキングコースの実測の距離と所要時間の紹介です。

奥多摩三山登山