那須岳登山

* * * * * * * * * *

茶臼岳(標高1915 m)

茶臼岳

那須連山の主峰で標高は1915mあります。単に那須岳という場合、茶臼岳を指すことがあります。那須連山唯一の活火山で有り、山頂を囲む様にあちこちから白い噴煙を上げています。峠の茶屋(標高約1480m)まで車道が通じていて、標高差約430mあまり(高尾山と殆ど変わらない)のぼるだけで山頂に立てるので多くの登山者が山頂を目指します。また、山麓と山頂下を結ぶロープウェーが開設されているので観光客も多く登っています。

茶臼岳の室町時代の大噴火
茶臼岳は那須連山で最も新しい山で、現在も噴火活動を行う活火山です。
最近では1963年に小規模な噴火を起こしていますが、有史以来の最大規模の噴火は1490年(室町時代)の噴火で、約180名の死者をだすなど多くの被害をもたらしました。
現在の那須岳のハザードマップは、この1490年の噴火を最大規模に起きる噴火と想定して作られています。
ハザードマップは各種が那須町公式ホームページからpdfファイルでダウンロードできます。

この1490年の噴火では火砕流等が発生していますが、多くは現在の深山ダム湖方角に流れていることが分かっているので、人が多く住む那須山麓の東側から南側にかけてに対して、直接的な火山の噴火による被害があったとは考えにくいです。
このため、那珂川源流域に流れた火砕流や土砂が川を一時的にせき止めダム湖を作り、そのダム湖が決壊した結果大災害を起こしたのではないかと考えられています。

茶臼岳の噴火の歴史
茶臼岳の噴火は約1万6千年前から始まりました。
それまでは、朝日岳と南月山の鞍部があるだけでした。

茶臼岳は何度も噴火を繰り返して成長をした成層火山です。現在の山頂付近に噴出した火山岩や火山灰が堆積をし火砕丘となりました。そして、1490年の噴火で溶岩ドームが盛り上がり現在の山容となりました。

現在の茶臼岳
山頂には大きな噴火口が一つと中規模な噴火口が一つ、極小さな火口が一つあります。大中の二つの火口は一目見て分かりますが、小さな火口はとても分かりづらいので、薄らと雪が積もって山襞の凹凸がはっきりと見える様な気象条件の時にようやくあることが分かります。

茶臼岳は活火山で今でも噴煙を上げている山なので、山頂とその周辺には殆ど植物は生えていません。そのなかでやや特異なのが北西に窪んでいる姥ヶ平です。現在は疎らにダケカンバが茂る他に丈の高いハイマツが生えているだけで豊かな森林ではありませんが、これは茶臼岳北西の噴火口が爆発をしたときに姥ヶ平の植物が壊滅し、現在は植生が回復しつつあります。
姥ヶ平にはヒョウタン池があって、樹木の葉の落ちている初春と晩秋の限られた季節にだけ、池に映る茶臼岳を見ることが出来ます。


地図で見る茶臼岳


茶臼岳-山頂駅
茶臼岳-山頂駅

ロープウェーで山頂駅まで行き、そこから茶臼岳を往復する、もしくは山頂を越えて峰の茶屋に降りる、と言う人が多くいます。山頂の直ぐ下までロープウェーで運ばれるので山頂までの標高差は僅かですが、実際には岩場の悪い道で登山の経験が無いとちょっと憂鬱になる様な道です。
なぜ、階段を設けたりせめてクサリやハシゴを設けないのか不思議に思います。...もっと読む »

累積標高214 m(登り 206 m 下り8 m)
距離:0.80 km

茶臼岳-峠の茶屋駐車場
茶臼岳-峠の茶屋駐車場

登山の利用者の一番多いルートで、特に危険な箇所もありませんから初心者でも安心して歩けます。
駐車場から15分ほど登ると森林限界に達し、正面に荒々しい朝日岳の岩峰が見えるので、初めて登る人の感動を誘います。駐車場から峰の茶山での下半分が樹林帯で階段が多く設けられ、上半分は火山岩や溶岩の岩場の登り坂の道です。...もっと読む »

累積標高579 m(登り 520 m 下り59 m)
距離:0.00 km

このエントリーをはてなブックマークに追加

Ads by Google

運営者紹介

Yuichi Mizunuma H.N.うーたん

Yuichi Mizunuma (H.N.うーたん or zen)
当サイトの執筆・撮影とシステムの製作等全てを行っています。林道への案内板自然派空間のWebMasterもしています。
2007-2013にかけて、北海道利尻礼文から九州屋久島まで日本の主要な登山道を歩いてきました。日本百名山は2013年9月に全山登頂を達成。

▼続きを読む

×閉じる

SNSのURL
Google+
facebook
twitter Yuichi Mizunuma

使用の登山靴はドイツ製のマインドル・アルパインを主に縦走登山に、日帰りから3泊程度の短い山旅にはモンベル・ツオミを使っています。冬期登山はモンベル・アルパインクルーザー3000です。

2013年まで、春夏秋冬、北海道から九州沖縄まで、ツーリング・登山・サイクリング・パドリング(カヤック)をしています。年間のテント泊数は40泊から60泊程度、日帰りを含めると年間80日くらいはアウトドアにいました。

2014年に東京都から栃木県に引っ越しました。現在は宇都宮市に居住中、今後は宇都宮市から離れることはありません。現在は事情があって外泊が出来ないので、休日に福島県や群馬県や茨城県に400kmから600kmくらいの日帰りツーリングをしたり、那須岳や日光連山や南会津山地に日帰り登山をしたり、銚子市やいわき市勿来や福島市辺りまで200km-250kmほどのサイクリングに行ったりとしています。

×閉じる